女性の副業・在宅ワークについて

現在、タスク作業でのライティングを中心にお仕事をさせていただいております。始めようと思った理由は、デスクワーク、特に文章を書くことやパソコン作業で資料を作成することが好きだったたこと、本業がパート勤務なので副業する時間があり、経済的にも必要だったことなどです。私の場合、まず通信教育で「在宅ワーク」という講座を受講することから行動を開始しました。そこから「クラウドワークス」のようなマッチングサイトの存在を知り、登録して仕事を開始できたという経緯です。通信教育には35,000円という私にしては高額な出費が必要でしたが、この受講が無ければ例えネットや雑誌でマッチングサイトの存在を知ったとしても「本当に大丈夫だろうか」という猜疑心が先行して、一歩踏み出すことはできなかったと思います。 まだ仕事をはじめて2カ月足らずですが、マイペースで仕事できることは自分の性格にあっていると感じています。ライティングの内容はまだまだですが、時間内に記載できる文字数がアップしたり、自分の得意分野が徐々に明確になってきたりして、仕事のペースがつかめはじめてきました。とくにやっていて良かったなと感じるときは、「内容が良かったので、もう一つお願いしたい」などと依頼の追加をいただくこと。モチベーションもアップして、ますます楽しくなります。残念ながら「非承認」の評価を頂いた時でも理由を具体的に説明してくださるなど、依頼者の方の思いやりを感じられるお仕事は勉強にもなり、逆にありがたいと感じます。依頼者の方々とのコミュニケーションもこの仕事の楽しみの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です